副業はエンジニアとして成長できる

エンジニアが副業するメリットとして大きいのが、本業では伸ばせないスキルを伸ばせることだろう。1つの企業に所属してエンジニアとして働いていると、1つの技術に対する知識や技術しか深められない。しかし、需要が高いエンジニアを目指すならば、幅広いスキルを身につけておく必要がある。副業をすれば独学で身につけた知識や技術を深められるため、自分のエンジニアとしての需要を高めるのに良い手段といえるのだ。どの分野の案件を副業で選ぶかは、個人のキャリア形成に合わせて選ぶべきだろう。プログラマーとしての腕を磨きたいならば、普段使っている言語とは別の言語を選ぶといい。また、フルスタックエンジニアを目指したくて、普段プログラマーとして働いているのであれば、インフラ関連やデータベース関連のエンジニアの仕事に挑戦してみるのがおすすめだ。

また、副業で様々な業務を経験することは、企業に所属して働くことを辞め、フリーランスのエンジニアを目指す人の第一歩としてもいい。いきなり働いていた企業を辞めてフリーランスとして独立すると、案件を獲得できるかわからないといったリスクが大きくなる。しかし、本業の仕事が終わった後や休日に副業を経験しておけば、フリーランスとして独立した後に仕事を振ってくれるクライアントを、独立する前に獲得できる可能性が高まるのだ。そのため、フリーランスの基盤づくりとして副業を経験しておくことはいいことだといっても過言ではない。