矯正歯科

立川の矯正歯科の豊富な種類で自分に合った矯正方法を

立川の矯正歯科の受診の流れと選び方

立川の矯正歯科の場合、受診をしてすぐに治療というケースはなく、初診時に問診票や口腔内の写真撮影、CT撮影などを行い、その写真などを見ながらカウンセリングを受けます。この際に、患者の希望をヒヤリングしながら最適な治療法について説明を受け、矯正治療を決めた場合には歯型採取など精密検査を行います。この精密検査の結果を元に診断をして、治療計画を立てていきます。
立川の矯正歯科の受診は、大方この流れから始まりますが、歯科選びも大切なポイントになるので、選ぶ際には幾つか注意しておきたい部分があります。一つは気になる費用面についてで、矯正治療の場合治療をしていく中で器具の交換などが必要となるケースがあり、その場合には追加料金が発生します。事前に追加費用も含めた総費用を出してもらい、具体的に金額を把握するのが大切です。
また、必ず確認したい事は矯正装置を付ける期間や、来院をする頻度、リテーナーの付ける期間などです。これらの説明を分かりやすく丁寧に、カウンセリング時に説明してくれる矯正歯科かが、選ぶ時の判断基準に出来ます。通院頻度によっては、場所が遠い方が立川の矯正歯科を選ぶと通う事が大変になるので、歯科を決める時にはネット上のサイトや立川の矯正歯科のHPなどを利用して、事前に情報を集めてから選ぶのも大切なポイントです。

歯の矯正の種類もたくさんあります

歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなり、硬いものを食べるときに力が入らなく食べにくいです。話をしていても他人にもわかりやすいので歯並びの悪いことが原因でコンプレックスを持ちやすくなってしまいます。歯は、健康のためにもいつまでも自分の歯でいたいです。歯の健康な人は、年齢を重ねても元気な人が多いです。歯の矯正は、子供の頃に直しておくというイメージがありましたが、大人になっても矯正できます。
立川の矯正歯科が行っているブラケット矯正は、確実に矯正できるのでよく使われているものですが、あまりにもギラギラしていて目立つのでつけたくないという思いが先走ってブランケットに抵抗感があるという方がほとんどだと思います。確かに金属製の矯正器具は、目立ちすぎるのでつけたいという気にはあまりなりません。でも、立川の矯正歯科ではそのほか今はマウスピース矯正という透明の器具があります。取り外しも簡単にできて、歯を磨くこともできるので常に口の中をきれいにすることができます。
歯並びが悪いと歯が気になって自分に自信も持てなくなってしまいます。そのような悩みを抱えている方は、立川の矯正歯科に行って相談されたがいいでしょう。歯並びがきれいになると見た目も良い印象になるので、自分に自信を持つことができます。

歯科矯正をやるなら若いうちにやりましょう

私は小学校1年生から立川の矯正歯科に通い歯科矯正を始めました。私は上下の歯が何箇所もずれていたのですが、自分ではあまり気になっていませんでした。しかし、母が歯並びを気にする人だったのでよくわからないままに立川の矯正歯科に通院を始めました。矯正をしていることでクラスの子にからかわれたり、寝ているときに痛んだりしたので、私は立川の矯正歯科で矯正を続けるのが嫌で通院をサボったりすることもありました。
しかし今になってみると、小学一年生から中学一年生までの6年間で終えていて良かったと思います。今ではとてもきれいで自慢の歯並びになりました。大学に入学してからなどでは小学生の頃よりも見た目も気にしますし、ましてや就職をしてからなどではお客様からの見栄えも良くないでしょうし、勤務中に痛みを感じたりしたら業務に支障も出ます。
また、お医者様のお話では歯の抜け替わり前の方が矯正するときの神経への負担も少なく、矯正後の安定もしやすいそうです。加えて、矯正治療には定期的にな通院が必須なので、義務教育期間の方が学校も早く終わったりするので予定も立てやすく、短い期間で正確に治療を終えられるそうです。大学などでも歯並びを気にしている学生にはよく出会いますが、なかなか時間が取れないことを理由に諦めている人は少なくありません。これらの理由で、私は小さい頃に歯科矯正行うことをお勧めします。


歯医者のホームページは重要です。歯科のホームページ制作会社【ティーエイト】ならマーケティングに効果があるホームページを制作してくれますよ。

● おすすめの記事 ●

TOP